コロナウイルスが猛威をふるう今日この頃、すっかり日本中が自粛ムードに覆い尽くされています。
そうすると、自然と家庭で過ごす時間が長くなりますよね。
毎日を家族で生活していると、ついパートナーの行動や言動が気になり、急に夫婦の関係がギクシャクしてきた、という話をよく耳にします。
パートナーと一緒にいる時間が長くなることで、これまで先送りにしていたパートナーとの関わり方(=パートナーシップ)と、向き合わざるを得なくなるんですね。

振り返ってみれば

私の結婚生活もそうでした。
仕事を理由に、まったく家庭をかえりみませんでしたから。
毎月、夫婦の間で繰り広げられるケンカの数々。
二度の離婚をしたあとも、何人かの女性とおつき合いをしましたが、それも長くは続きませんでした。

パートナーシップが続かない

なぜ、こうもパートナーと続かないのか?
それはあなたが他人軸で考え、行動しているからです。

たとえば私の場合

LINEが来ないとすぐ不安になり、わざと相手が喜ぶような返事を返していました。
相手に合わせようとするあまり、自分の気持ちにフタをしていたからです。
このように、自分と向き合おうとしないことが重なり。
やがて手の平から、幸せがこぼれ落ちるような恋愛を繰り返しました。
これもひとえに、他人軸で生きているからなんですね。
そしてこの他人軸な生き方は、つねに不幸せな結末をともないます。
他人(パートナー)の顔色を伺いながら、自分の意思を伝えないことはやがて、自己否定につながりますから。

パートナーシップが割れる

つまり皮肉なことに、別離を繰り返せば繰り返すほど、自分の心の奥にある、罪悪感というみじめな気持ちは満足するのです。

ただ、こんなにダメダメだった私も

今は自分らしい生き方を過ごせています。

蓮の花のイメージフォト

ある出来事から、心の世界に興味を持ちはじめ、自分と向き合うようになったからです。
すると次第に、これまでずっと自分を責めつづけていたんだ、ということに気がつき始めました。
そしてじつは、今の現実社会は自分の心の奥にある囚われが創り出しているんだ、ということが腑に落ちました。

今の私は

もうLINEの返事に一喜一憂することはありません。
でもたまには落ち込んだり、いらいらする事もあるんですよ。
それでも以前ほどは、引きずらなくなりましたね。

おだやかで満たされた自分

誰かにふり回されることもなく、ほっこりした毎日を おだやかに楽しんでいます。

なぜこんな私が、自分軸で生きられるようになったのか?
そのきっかけになったのが、このOSHO禅タロットカードです。
ここで簡単に、OSHO禅タロットカードについて説明しましょう。

OSHO禅タロットカード(以下OSHOカード)とは

インドのバグワン・シュリ・ラジニーシという聖者の弟子によって作られました。
西洋のタロットカードに、禅の思想を盛り込んだカードです。

OSHOカードの一枚引き

私のセッションでは、あなたのお悩みを聞かせていただいた後に、マインドフルネス(誘導瞑想)を行い、それからこのOSHOカードを引いていただきます。
そうすると、あなたの心の奥にある潜在意識に埋もれた囚われやわだかまりを、OSHOカードが可視化してくれるのですね。
この小さなカードに描かれた図柄から、あなたの本当の思いに気づき、悩みを手放すお手伝いをいたします。
そうすると、知らず知らずのうちに自分らしい生き方(=自分軸)を取り戻し、しなやかでうるおいのある生活を過ごせるようになるのですね。

鑑定方法

・zoomというアプリを使うので、場所はインターネットがつながる環境であればどこでも大丈夫です。
・パソコンはもちろん、スマホやタブレットなどでもOKです。
・時間は90分を目安にします。
・料金は1000円です。銀行振込かクレジットでお振り込みください。
・お申し込みは下にある お申し込みフォームか、Facebookのメッセンジャーからお申し込みください。後日、返信いたします。
・なお、男性の参加はご遠慮ください。

今回の企画は、限定とさせていただきます。
ある日突然、終了することもあるのでご了承くださいませ。
それではお申し込みをお待ちしております。
よろしくお願いいたします。

無料 メールセミナー

9日間の無料 門鑑定メールセミナー

あなたにあった出会へたどり着く、9日間の無料メール講座です。パートナーとあなたの個性の違いを理解し、お互いを認めるために、中国古来のパートナーシップ分析手法である「門」を理解できる無料メール講座です。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村上 孝徳

村上 孝徳

門認定アドバイザー 有限会社 鳥彰勤務
24歳で実家である鶏肉店を継ぐために帰省。
その後、2度の離婚を繰り返し、何度か女性とおつき合いを繰り返したが、すべて上手くいかなかった。
摂食障害になり、今後の生き方を見直そうと決意する。
パートナーシップについて向き合ううちに、女性心理について探求していく中で、古来中国の叡智である「門(もん)」に出会う。
その後も心について学ぶ中で、満たされている自分を実感。
現在は、鶏肉店を経営しながら、門認定アドバイザーとして活躍中。
生き辛さを抱えたお母さんの気持ちに寄り添い、ホッとする安心感と自分軸を取り戻すヒントをお伝えしています。

門(もん)鑑定へ申し込む

(女性の方限定)

門鑑定は、

素直に、生まれもった本当の自分を受け入れて、実行へ繋がり、

○生きやくすなる
○得意なことを活かせる
○自身の強みがわかる

ようになります。

門のセルフチェック用アイキャッチ画像

女性の方 限定 お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。ただし、女性の方のみでお願いしています。
(お問い合わせ内容によっては、ご返信ができない場合がございますこと、ご了承ください。)