「ホット ショート アメリカーノ、マグで」

私はレジでオーダーを告げると、椅子に腰かけた。

彼女が現れるのを待つ。

郊外にあるシアトル系コーヒーのチェーン店。

彼女のお気に入りの店だ。

ほどなくして。

店の扉がひらいた。

早い足取り。

ブルックスブラザーズのフレアースカートが揺れる。

真っ直ぐこちらへ向かって歩いてくる。

長い足をちらりと覗かせて彼女は椅子に座った。

ひと月振りだった。

テーブルを挟んで束の間、私たちは見つめ合った。

そして。

私はまた、いつものように話し始めた。

何ごとも無かったかのように。

たまたまひと月、忙しくて会えなかっただけかのように、留めどなく話しつづけた。

それはまるで、2人の空白の時間を埋めるかのようだった。

ひと通り私が話し終えると、彼女も兄妹のことを話し始めた。

いつもの事だった。

歳の離れたお兄さんとは本当に仲がよかった。

1人っ子で育った私は、いつも彼女の兄妹の話を聞くと、羨ましかったものだ。

とりわけ、お兄さんのところの甥っ子は可愛くて仕方がないらしい。

そんな取りとめもないことを話す時間もあっという間に過ぎ、閉店30分前となって私たちは店を出た。

駐車場で、私は思わず彼女に聞いた。

「今、好きな人はいるの?」かと。

「今はいない」

彼女のその言葉を聞いた時、おもわず私はこう話しかけていた。

「もう一度、やり直さないか」と。

それには答えず、彼女は私から視線を外すと、ぽつりぽつりと家族のことを話し始めた。

無料 メールセミナー

9日間の無料 門鑑定メールセミナー

あなたにあった出会へたどり着く、9日間の無料メール講座です。パートナーとあなたの個性の違いを理解し、お互いを認めるために、中国古来のパートナーシップ分析手法である「門」を理解できる無料メール講座です。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村上 孝徳

村上 孝徳

門認定アドバイザー 有限会社 鳥彰勤務
24歳で実家である鶏肉店を継ぐために帰省。
その後、2度の離婚を繰り返し、何度か女性とおつき合いを繰り返したが、すべて上手くいかなかった。
摂食障害になり、今後の生き方を見直そうと決意する。
パートナーシップについて向き合ううちに、女性心理について探求していく中で、古来中国の叡智である「門(もん)」に出会う。
その後も心について学ぶ中で、満たされている自分を実感。
現在は、鶏肉店を経営しながら、門認定アドバイザーとして活躍中。
生き辛さを抱えたお母さんの気持ちに寄り添い、ホッとする安心感と自分軸を取り戻すヒントをお伝えしています。

門(もん)鑑定へ申し込む

(女性の方限定)

門鑑定は、

素直に、生まれもった本当の自分を受け入れて、実行へ繋がり、

○生きやくすなる
○得意なことを活かせる
○自身の強みがわかる

ようになります。

門のセルフチェック用アイキャッチ画像

女性の方 限定 お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。ただし、女性の方のみでお願いしています。
(お問い合わせ内容によっては、ご返信ができない場合がございますこと、ご了承ください。)