2019年1月19日、午前10時。

前々日までの熱気が、嘘のように静まり返った六本木ソノラスタジオ。

私は同じ2期TLIビジネスの仲間である心理カウンセラー内藤たみこさんにカウンセリングをお願いした。

5カ月の間をともに学び、気心の知れた仲になれたのが1つ目の理由で。

2つ目の理由は、最近あった出来事の整理がつかず、客観的な視点でアドバイスが欲しかったからだ。

カウンセリングが始まって

私のこれまでのいきさつを話したあと、イスを人に見立てたワークを行うことに。

イスを親や兄弟、そして近親者になぞらえて、それぞれの椅子を「ここかな?」と思った場所に並べていきます。

そんな時に、ある事を聞かれてちょっと引っかかったんだっけ…。

そういえば

これまで誰にも聞かれたことが無かったので、私ですらすっかり気にも留めていなかったのだけど。

遠い昔の記憶…。

その事を踏まえて、パイプ椅子を持った瞬間、背筋を這い上がってくる氷のような冷たさに全身が凍りつく。

「決して関わってはいけない!!!」

本能レベルで私の中の何かが、思いとどまるようにと急ブレーキを踏ませようとする。

決して足を踏み入れてはいけない何か。

生きとしいける者が、決して足を踏み入れてはいけない場所。

全身の毛が総毛立つような、足がすくむような薄気味悪さを感じつつ。

得体の知れない闇の深さは、これまで経験したことが無かったつもりでいました。

この時までは…。

複恋門(ふくれんもん)鑑定士アキラのひとこと

アキラ
心に抱えた囚われ(ビリーフ)は、たとえ本人が経験していなかったとしても影響を受けることがあります

4年前。

瀬戸大橋のたもとの浜辺で出会い。

手のひらからこぼれ落ちるように壊れて消えた記憶のカケラ

ずっと前から気になっていた。

なぜ、彼女と出会ったのか?

なぜ、お互いに惹かれあったのか?

なぜ、別れてしまったのか?

それらの疑問が4年を経て、やっと理解できました。

私も無意識レベルで、彼女の心の傷を引き寄せていました。

2人の関係性がやっと今日、腑に落ちる。

2019年1月、冬晴れの東京。

六本木にあるスタジオでの出来事。

私でさえも知り得なかった、私の中の遠い記憶…。

無料 メールセミナー

9日間の無料 門鑑定メールセミナー

あなたにあった出会へたどり着く、9日間の無料メール講座です。パートナーとあなたの個性の違いを理解し、お互いを認めるために、中国古来のパートナーシップ分析手法である「門」を理解できる無料メール講座です。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村上 孝徳

村上 孝徳

門認定アドバイザー 有限会社 鳥彰勤務
24歳で実家である鶏肉店を継ぐために帰省。
その後、2度の離婚を繰り返し、何度か女性とおつき合いを繰り返したが、すべて上手くいかなかった。
摂食障害になり、今後の生き方を見直そうと決意する。
パートナーシップについて向き合ううちに、女性心理について探求していく中で、古来中国の叡智である「門(もん)」に出会う。
その後も心について学ぶ中で、満たされている自分を実感。
現在は、鶏肉店を経営しながら、門認定アドバイザーとして活躍中。
生き辛さを抱えたお母さんの気持ちに寄り添い、ホッとする安心感と自分軸を取り戻すヒントをお伝えしています。

門(もん)鑑定へ申し込む

(女性の方限定)

門鑑定は、

素直に、生まれもった本当の自分を受け入れて、実行へ繋がり、

○生きやくすなる
○得意なことを活かせる
○自身の強みがわかる

ようになります。

門のセルフチェック用アイキャッチ画像

女性の方 限定 お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。ただし、女性の方のみでお願いしています。
(お問い合わせ内容によっては、ご返信ができない場合がございますこと、ご了承ください。)