1年でいちばん陽が長い夏至の前日の2020年6月20日。

いつものように地元の産直市へ惣菜を配達したあとに、興味のある講座へ向かいました。

目指すは、広島県竹原市にあるOSHO瞑想センターLOKA(ロカ)

ちょうどこの前の日曜日に、LOKA(ロカ)さんのコミュニティで、呼吸法のイベントにオンラインで参加しました。

その時の印象がとても良かったのと、この建物の名前にピン!と来ました。

瀬戸大橋を渡るエブリィ

竹原まで2時間半のドライブです。

クッキーハウスわかたけ正面

余談ですが途中にある、クッキーハウスという看板が目に入ったので急きょ店の駐車場へピットイン。

キャラメルサンドクーキーと掌

そしてお昼は、クーキーハウスわかたけさんで買ったキャラメルサンドクッキーをもぐもぐ♪

キャラメルサンドクッキー断面
安定のセブンイレブンコーヒー

ちなみにコンビニコーヒーはセブンイレブン派です!(`・ω・´)キリッ 間違いないやつ♪

いかん、話がだいぶそれてしまいました(汗)

この時のことは、またの機会に詳しく書きたいと思います。

OSHO瞑想センターLOKA(ロカ)の印象

キャラメルサンドクッキーで腹ごしらえをした後に、しばらく車を走らせるとOSHO瞑想センターLOKA(ロカ)に到着しました。

瞑想センターLOKAの全景

ドームハウスですね。

瞑想センターLOKAの玄関

雰囲気があります。

OSHOの写真とオブジェ等々

建物の中へはいると、和尚と呼ばれるバグワン・シュリ・ラジニーシ氏の写真が目に入ってきます。

OSHOやスピリチュアルの書籍

そのあとはOSHOやスピリチュアル、オーガニックにかんする書籍がずらりと。

圧巻のボリュームです。

興味深い本が多数あり、しばらく見入ってしまいました。

和やかな雰囲気で談笑をしたあとに2階へ上がり、13時半から講座がスタートしました。

今日のファシリテーターは、小松秀樹(通称ヴァルトマン)さん。

おだやかな人柄で、やさしい眼差しが印象的な方です。

最初にすべてのカードを、ソートと呼ばれる組(くみ)に分けて並べました。

紫、赤、青、虹色、そして灰色の、ソートごとのエネルギーを感じてみます。

実際に並んだのを眺めてみると、受けるエネルギーの違いがよく分かりました。

それから、顕在意識と潜在意識の話から始まり、実際のセッションのやり方までを丁寧に教えていただきました。

そして金魚鉢方式と呼ばれるオープンカウンセリングで、和尚禅タロットカードを使ったセッションのコツを学びます。

私もクライアント役で、セッションを行っていただきました。

集合的無意識にコミットして、選んだカードはこちら。

バートナーとの関係について

・悟るのを諦める。

・自分が楽しむこと、そして人が喜ぶことに注力する。

「この時に受けたエネルギーを大切に」という言葉が、とくに心に残りました。

久しぶりのセッションは効いた〜

潜在意識からの反応がでて、頭がクラクラします(笑)

オンラインのセッションも便利でよく利用しますが、やはり対面で行うセッションの方がいいですね。

エネルギーがよりダイレクトに伝わりますから。

金魚鉢方式をひと通りやり終えて

ひとまず休憩をして、最後はクンダリーニ瞑想でフィニッシュ。

この場に集まったメンバーとエネルギーを共有しながら、それぞれが自分の内側にある「今ここ」に意識を向けていきました。

パートナーシップ門鑑定士たかちゃんのひと言

今回のセミナーの途中で、ヴァルトマンさんとメンバーの方の意見が合わず、話が滞るシーンがありました。

でもこれってじつは、何でも言い合える安心、安全の場じゃないと、こんな風にはならないんですよね。

私はこのことから、ヴァルトマンさんの人どなりがよく分かりました。

私も鑑定の時には、クライアントさんが言いたいことを何でも言えるような風通しのいい場や空間になるように気をつけます。

天赦日であり、一粒万倍日でもあるこの日に、いい体験ができました。

来月からは、愛媛県西条市の湯之谷温泉で行われるマルシェで、この和尚禅タロットカードを使ったセッションをすることが決まっています。

今日の学びも活かしながら、よりクライアントのお気持ちに寄り添っていきます。

 

無料 メールセミナー

9日間の無料 門鑑定メールセミナー

あなたにあった出会へたどり着く、9日間の無料メール講座です。パートナーとあなたの個性の違いを理解し、お互いを認めるために、中国古来のパートナーシップ分析手法である「門」を理解できる無料メール講座です。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村上 孝徳

村上 孝徳

門認定アドバイザー 有限会社 鳥彰勤務
24歳で実家である鶏肉店を継ぐために帰省。
その後、2度の離婚を繰り返し、何度か女性とおつき合いを繰り返したが、すべて上手くいかなかった。
摂食障害になり、今後の生き方を見直そうと決意する。
パートナーシップについて向き合ううちに、女性心理について探求していく中で、古来中国の叡智である「門(もん)」に出会う。
その後も心について学ぶ中で、満たされている自分を実感。
現在は、鶏肉店を経営しながら、門認定アドバイザーとして活躍中。
生き辛さを抱えたお母さんの気持ちに寄り添い、ホッとする安心感と自分軸を取り戻すヒントをお伝えしています。

門(もん)鑑定へ申し込む

(女性の方限定)

門鑑定は、

素直に、生まれもった本当の自分を受け入れて、実行へ繋がり、

○生きやくすなる
○得意なことを活かせる
○自身の強みがわかる

ようになります。

門のセルフチェック用アイキャッチ画像

女性の方 限定 お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。ただし、女性の方のみでお願いしています。
(お問い合わせ内容によっては、ご返信ができない場合がございますこと、ご了承ください。)