複雑にこじれた恋愛がらみの不満を、すっきりしていただく複恋門(ふくれんもん)鑑定士の平井アキラです。

午前中に課題図書を読了し、夜の梅村さんのブログ講座 5回目に備えました

新規の方も参加されて、いつものように課題図書の感想をアウトプットするところからスタート。

ものくろ師匠の「日本語は述語が命」という言葉が印象に残りました。

そして、今日のテーマである「ブログの見た目のカッコをちょっとでも良くしたい梅村さんのためのデザイン講座」か始まりました。

CSSを使ってホームページの文字・色・配置などを自分でデザインしましょうよー、ということです

CSSって何?って思う方も多いと思います。

はい私もそうです、ちなみに今も。

ものくろさんの説明を受けながらみんなでパソコンに向かってパチパチ。

真剣な空気がウェブ越しに伝わってきます。

こちらも頭から湯気を出しながらパソコンをぱちぱち。

フリーズ寸前です(滝汗)

手も足を出ないパソコン初心者の私にも救いの手が

カスタマイズで四苦八苦している参加者のために、ものくろ師匠はプレゼントを用意してくれていました。

食レポなどで使える、コピペして貼るだけの簡単カスタマイズです。

これから日々の投稿で使わせていただきます。

複恋門鑑定士アキラのひとこと

アキラ
向いてないことはやらない

これ、門鑑定を受けられた方は、重要な考え方の一つです。

人には向き不向きが必ずあります。

苦手なことは、無理に頑張らない。

できないことは、できる人に投げる。

感謝してやってもらう。

「その代わり自分の好きなことや向いていることは、どんどん伸ばしましょうよ」というのが門の考え方です。

私の場合、向いているか向いていないかを知るときの呪文が「これ、楽しいのかな?」です。

1日に何度もこの呪文を呟く日もあります。

これ、楽しいのかな?と。

楽しくないことをするほど暇じゃないので。

無料 メールセミナー

9日間の無料 門鑑定メールセミナー

あなたにあった出会へたどり着く、9日間の無料メール講座です。パートナーとあなたの個性の違いを理解し、お互いを認めるために、中国古来のパートナーシップ分析手法である「門」を理解できる無料メール講座です。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

村上 孝徳

村上 孝徳

門認定アドバイザー 有限会社 鳥彰勤務
24歳で実家である鶏肉店を継ぐために帰省。
その後、2度の離婚を繰り返し、何度か女性とおつき合いを繰り返したが、すべて上手くいかなかった。
摂食障害になり、今後の生き方を見直そうと決意する。
パートナーシップについて向き合ううちに、女性心理について探求していく中で、古来中国の叡智である「門(もん)」に出会う。
その後も心について学ぶ中で、満たされている自分を実感。
現在は、鶏肉店を経営しながら、門認定アドバイザーとして活躍中。
生き辛さを抱えたお母さんの気持ちに寄り添い、ホッとする安心感と自分軸を取り戻すヒントをお伝えしています。

門(もん)鑑定へ申し込む

(女性の方限定)

門鑑定は、

素直に、生まれもった本当の自分を受け入れて、実行へ繋がり、

○生きやくすなる
○得意なことを活かせる
○自身の強みがわかる

ようになります。

門のセルフチェック用アイキャッチ画像

女性の方 限定 お問い合わせ

お問い合わせはこちらから。ただし、女性の方のみでお願いしています。
(お問い合わせ内容によっては、ご返信ができない場合がございますこと、ご了承ください。)